風俗業をやめるときの注意点とは?

風俗系のお仕事を辞める時にはどこに気をつけるべき?

辞めた後、次のステップにつながるように

辞めた後の危険を避けるために

結婚するから、恋人ができたから辞める、ということをお客さんに切り出すのはできればやめた方がいいでしょう。
前ページで述べた通り、風俗業における従業者と客の関係性はかなり奇特なものです。
それは一般的な客商売と違うのはもちろんのこと、恋愛関係とも異なります。
強いて言えば疑似的な恋愛関係でしょうか。
ゆえに、想い入れの強い客は多かれ少なかれ嫉妬心を抱くことでしょうし、全員がそうだとはとても言いませんが、多くを貢いだ客の中には裏切られたと感じる人間もいるでしょう。
画面の向こうにいるはずの福山雅治やペヨンジュンの結婚に多くの奥様が悲鳴を上げ、CDを買っては握手会に行き投票を繰り返したファンたちが須藤梨々花の結婚報告に反発したことからも、それよりも更に密接な関係にある客がそのような感情に陥るのはある意味当然ともいえます。

生活習慣を取り戻そう

辞めた後のことにも注意を配る必要があります。
風俗で働いていた場合、生活習慣がガタガタになっていることが多いです。
風俗業のことを俗に「夜のお仕事」なんていうくらいですし、風俗業の顧客も大半は昼間に来店する暇はありませんから、どうしても昼夜逆転の生活を送らざるを得なくなることが多くなります。
確かに現代社会においては、風俗業以外にも夜中に働いておられる方はたくさんいますし、風俗業をやめて以降も夜中に働く仕事を見つけるのは容易いことでしょう。
しかしそのような仕事は不安定なことも多い上、やはり日中に働いて夜は休むというのが人間本来の生活リズムであるために健康にいいことは間違いありません。
辞めた後は少しづつでも大丈夫ですから生活リズムを取り戻していくように努めるようにしましょう。


この記事をシェアする